薬を使ってしっかりニキビを治す

ニキビは、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)、あるいはアクネなどと呼ばれており、顔や背中、胸などに発生する炎症性皮膚疾患です。ニキビは悪化してしまうと自分で治すには限界があるので、病院で治療を受けることをおすすめします。ニキビの治療には、主に薬が用いられます。

このサイトでは、薬を上手に使ってニキビを治すための情報を詳しくご紹介しています。また、ニキビができる原因やニキビの種類、自分でできるニキビの治し方、薬の種類や選び方、薬以外の治療法など、ニキビについてのあらゆる情報もご紹介していますので、ぜひご一読ください。

なかなかニキビが治らない原因はこれだった!

ニキビとは、毛穴に皮脂が詰まったり、その中でアクネ菌(毛穴に生息する常在菌)などが増殖して炎症が起こった状態のことです。ニキビができる原因には、以下のようなものがあります。

  • 皮脂の過剰分泌
  • 過角化(ハイパーケラトーシス・・・古い角質がうまく剥がれ落ちず、角質が厚くなること)
  • 化粧品(クレンジング不足、油分やシリコンが毛穴に詰まる、など)
  • 大きな角栓(コメド)が毛穴を詰まらせる
  • ホルモンバランスの乱れ
  • バランスの悪い食事(栄養不足、糖質・動物性脂肪の摂り過ぎ、など)
  • 紫外線や乾燥によるダメージ
  • 睡眠不足
  • ストレス

以上のような原因を総合的に解決しない限りは、ニキビの改善はなかなか望めません。

関連リンク:なかなかニキビが治らない原因はこれだった!

思春期ニキビ

思春期ニキビは、10代の第二次性徴に伴うホルモンバランスの変化により、皮脂が過剰分泌されることが原因で発生します。過剰な皮脂が毛穴に入り込み、その排出が追い付かなくなることでできてしまいます。中学生や高校生に多く見られるニキビです。

皮脂の分泌が激しい額や鼻のTゾーン、頬、こめかみなどにできやすく、背中やお尻にまでできる場合もあります。炎症を伴う赤ニキビへと悪化しやすく、ニキビ跡も残りやすい傾向があります。

関連リンク:思春期ニキビについて

大人ニキビ

大人ニキビは20歳以降にできるニキビのことで、一般的に吹き出物と呼ばれます。思春期ニキビは、第二次性徴に伴うホルモンバランスの変化により、皮脂が過剰に分泌されることで発生します。しかし、大人ニキビは皮脂の過剰分泌だけではなく、過角化や乾燥や毛穴の詰まりなど、様々な要因が複雑に絡んで発生します。

大人ニキビは、首やUゾーン(頬、口周り、顎)など、皮脂が少ない部分にできる特徴があり、一度できるとなかなか治りません。その上、ニキビの原因を根本から解消しない限りは再発を繰り返す厄介なニキビです。

関連リンク:大人ニキビ(吹き出物)について

生理前にできるニキビ

生理前には、黄体ホルモンであるプロゲステロンが多く分泌されます。プロゲステロンには、肌を乾燥させたり、皮脂の分泌を促したりする働きがあるので、過剰に分泌されると、ニキビができやすくなります。また、プロゲステロンには、外的刺激から皮膚を守る抗菌ペプチドの分泌を減少させる作用があるので、皮膚が刺激を受けやすくなります。その上、皮脂の分泌が増え、アクネ菌も活発になるので、赤ニキビができやすくなります。

さらに生理前には、子宮を収縮させて経血の排出を促すプロスタグランジンが増加し、胃腸の働きが低下するので、便秘や肌荒れやニキビが起こりやすくなります。

女性の大人ニキビには、ピルを使用したホルモン治療が行われる場合があります。生理前には男性ホルモンが増加し、皮脂の分泌が活発になりますが、ピルには男性ホルモンを抑制し、女性ホルモンを補う作用があります。ピルは、服用するだけでニキビの予防と改善効果が期待できるというメリットがあります。

関連リンク:女性のニキビについて

妊娠中のニキビ

妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンが大量に分泌されます。すると皮脂の分泌が盛んになり、毛穴が皮脂で塞がれてニキビができやすくなります。そのため、プロゲステロンが活発に分泌される妊娠初期にニキビができやすい傾向があります。

プロゲステロンは大腸のぜん動運動を抑制する作用があるので、妊娠中は便秘がちになります。また、赤ちゃんが成長することで腸が圧迫されるので、さらに便秘になりやすくなります。便秘は皮膚のターンオーバーに悪影響を与え、ニキビをできやすくしてしまいます。

つわりによる食生活の乱れや、ストレス、睡眠不足などによってもニキビができやすくなります。妊娠中はホルモンバランスに変化が起こりますが、バランスのとれた食事や十分な睡眠、ストレスの軽減などによってホルモンのバランスを整え、ニキビを最小限に抑える努力をしましょう。

関連リンク:妊娠中のニキビについて

ニキビの種類と特徴

ニキビの種類は進行段階に応じて、5種類に分類されています。段階ごとに赤みや痛み、かゆみなどの症状が現れることがあります。ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビがあります。それぞれの症状や特徴を見てみましょう。

白ニキビ
毛穴を塞ぐ角柱が作られたり、毛穴に皮脂が溜まることで白ニキビができます。ニキビの初期段階なので、炎症や痛みは伴いません。
黒ニキビ
毛穴が塞がれたまま、毛穴に皮脂が限界まで蓄積されると毛穴が開きます。すると皮脂が皮膚の表面に現れ、酸化して黒くなり、黒ニキビができます。白ニキビと同様、炎症は起きておらず、痛みもほとんどありません。
赤ニキビ
毛穴の中に皮脂が極限まで蓄積し、その皮脂を餌にしてアクネ菌が増殖すると炎症が起こります。炎症が赤みを帯び、腫れて、押すと痛みを伴うようになったのが赤ニキビです。
黄ニキビ
赤ニキビの状態から、さらにアクネ菌が増殖したり、黄色ブドウ球菌に感染したりして、膿を持つようになったものが黄ニキビです。炎症が皮膚の奥深くの真皮にまで到達しているので、色素沈着が起こりやすく、クレーター状のニキビ跡が残る恐れもあります。
紫ニキビ
黄ニキビがさらに化膿をくり返すと、毛穴の周りにまで炎症が広がります。すると毛穴の内部と周りにまで血や膿が溜まって、赤紫の硬い腫れが現れます。これが紫ニキビです。紫ニキビは痛みを伴いませんが、ケロイド状になる可能性が高いです。

関連リンク:ニキビの特徴

ニキビの治し方・予防法

ニキビは病院で治療を受けることがおすすめですが、自分でできるニキビの治し方や予防法を実践することも大切です。病院で薬を処方されても、普段の生活習慣が乱れていたり、間違ったスキンケアなどを行っていては、その効果も妨げられてしまいます。薬による治療と並行して、普段から自分でできるニキビの治し方を実践し、一日も早くニキビのない美肌を取り戻しましょう。

自分でできるニキビの治し方

病院で薬による治療を受けながら、自分でできるニキビの治し方も実行することで、治療期間の短縮が望めます。食生活や生活習慣の改善、毎日のスキンケアをきちんと行いましょう。また、ニキビの治療とともに、新しいニキビができないよう予防することも大切です。

関連リンク:自分でできるニキビの治し方

食生活の改善
食生活はニキビに大きく影響を与えます。ビタミンCが豊富なレモンやピーマン、ビタミンEやリコピンが豊富なトマトなどの野菜や果物を積極的に摂りましょう。乳酸菌が入っているヨーグルトもニキビの改善に効果的です。食べ物だけでは栄養素が不足していると感じる場合は、サプリメントから補うのも得策です。しかし、サプリメントはあくまでも食生活のサポート役として活用してください。

ニキビに良くない食べ物として、糖質や動物性脂肪を多く含む食品、高GI食品、刺激のある食べ物などがあります。例えば、肉の脂身、チョコレート、ポテトチップス、香辛料、カフェイン、アルコールなどはできるだけ避けるようにしましょう。

ニキビの改善のためには、水分補給も重要です。1日に1~2リットルの水を飲むようにしましょう。また、カロリーや糖分の高いジュースやカフェインを多く含むコーヒーではなく、水やお茶、豆乳などを飲むとニキビの改善に効果的です。

関連リンク:水分補給とニキビに効果的な飲み物

生活習慣の改善
生活習慣がニキビに影響を与えることを実感している方も多いと思います。睡眠が十分にとれていないとニキビができたり、ストレスを強く感じるとニキビにつながることは、経験上ご存知の方も多いと思います。ニキビをなくすためには、十分な睡眠をとり、ストレスをなるべく溜めずにいることが大切で、それによってホルモンバランスも整ってきます。

また、適度な運動をすると血行が良くなり、皮膚のターンオーバーも促進されるのでおすすめです。禁煙はニキビに有効ですが、禁煙をしてすぐはニキビができることがあります。これは好転反応によるもので、毛穴からデトックスが行われることが原因だとされています。禁煙後しばらくすれば、ニキビのできにくい皮膚になっていくので心配はいりません。

ニキビのためのスキンケア
ニキビを改善するためには、適切な化粧品を選び、正しい方法でメイクをすることが大切です。ニキビができている状態では、なるべくメイクをしないのがベストですが、それが難しいことも多いと思います。そんなときは、油分が多く含まれるベースメイクだけは避けるようにしてください。コンシーラーやファンデーションは、ニキビを隠すのに便利ですが、油分を多く含んでいるものが多いので、注意しましょう。

クレンジング剤で、皮膚に必要な皮脂まで落とすものは、乾燥を招く恐れがあるので選ばないようにしましょう。また、油性成分の配合量が多過ぎるものも、油性成分が皮膚に残って毛穴を詰まらせてしまう恐れがあるので避けてください。洗顔料は、メイク以外の汚れや皮脂、古い角質、雑菌などを除去する目的で使用されるものなので、必ずクレンジング剤と両方を使用するようにしてください。洗顔後は化粧水、美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品で保湿ケアをするのも忘れずに行いましょう。

ネット上では、ニキビに歯磨き粉を塗ったり、目薬やベビーパウダー、マキロンを塗るなどの情報が溢れていますが、ニキビが悪化してしまう恐れがあるので、必ずニキビ専用の薬を使用されることをおすすめします。

関連リンク:ニキビのためのスキンケア
ニキビが悪化してしまう間違った治療法

ニキビの場所で分かる原因とケア方法
ニキビは毛穴に皮脂や古い角質が詰まることが原因でできるので、毛穴がある場所ならどこにでもニキビは発生します。ですからニキビは、顔(おでこ、頬、鼻、顎、フェイスライン)だけではなく、体(首、デコルテ・胸、背中、お尻)にもできます。皮脂腺が多いところは特にニキビができやすくなっています。部位によっては、刺激が加わり続けたことが原因で、ニキビができることもあります。

できた部位によって、ニキビの原因やケアの方法が異なります。間違ったケアをしてしまうとニキビの悪化を招く恐れがあるので気をつけましょう。詳細は関連リンクでご確認ください。

関連リンク:ニキビの場所で分かる原因とケア方法

ニキビの予防法
ニキビの予防法には様々なものがありますが、身体の外側からと内側からの両方のケアが必要です。外側からのケアとして、洗顔前のクレンジング、洗顔、保湿ケアの3つは必ず正しく行いましょう。そして、ニキビを触らない、潰さないということも大切です。病院ではニキビの中身を取り出す処置を行うことがありますが、それはニキビの症状を見極めた上で、衛生面に十分注意して行われる専門医の分野です。素人の判断によって我流で行うことは危険です。

内側からのケアとしては、栄養バランスの良い食事や十分な睡眠をとること、冷たい飲み物は避けて体を温かくし、血行を良くすることなどが挙げられます。

関連リンク:ニキビの予防法

ニキビを皮膚科で治療する

ニキビを皮膚科で治療するときには、病院の一般皮膚科または美容皮膚科を選択することができます。一般皮膚科では保険診療、美容皮膚科では自由診療がメインとなっていますので、美容皮膚科の方が費用が高くなります。

ニキビ治療には、内服薬と外用薬の使用の他にも、様々な治療法があります。例えば、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)という治療法は、ニキビに極めて小さな穴を開けて、皮脂や古い角質を面皰圧出器で取り除く方法です。白ニキビのうちに行うと、赤ニキビの予防ができます。保険適用なので、一般皮膚科で気軽に受けられます。

主に美容皮膚科で行われる治療には、コメド吸引、ケミカルピーリング、ホルモン治療、レーザー治療、光治療(フォトセラピー)などがあります。詳しくは関連リンクをご覧ください。

関連リンク:ニキビを皮膚科で治療する
ニキビの治療

ニキビに効く薬まとめ

毎日のスキンケアや正しい生活習慣などでニキビの予防をすることは大切ですが、いったんニキビができてしまったら、薬による早期治療を行って、ニキビ跡を残さないようにしましょう。薬には病院の処方薬、市販薬、漢方薬などがあります。薬の力を借りて、早期回復を目指しましょう。

ニキビに効く薬 ニキビ専用の薬
ニキビの薬には、アクネ菌を殺菌したり、皮膚のターンオーバーを促進する作用があります。病院で処方されるニキビ専用の薬として、ディフェリンゲルやトレチノイン(成分名)などがあります。トレチノインはビタミンAの吸収を良くして皮膚のターンオーバーを促進したり、強いピーリング作用によって毛穴の詰まりを防いだりする作用があります。その他の薬として、アキュテイン、ベピオゲル、デュアック、イオウカンフルローション、アゼライン酸などがあります。

関連リンク:ニキビに効く薬 ニキビ専用の薬

ニキビに効く薬 抗生物質(抗菌薬)
抗生物質(抗菌薬)はニキビ専用の薬ではありませんが、アクネ菌を殺菌したり、アクネ菌の増殖を抑制したりする働きがあるので、ニキビの炎症を抑えるために使用されることがあります。白ニキビと黒ニキビには炎症が起こっていないので、抗生物質(抗菌薬)を使用しても効き目はありませんが、赤ニキビや黄ニキビ、紫ニキビは炎症を起こしているので効果が期待できます。

抗生物質(抗菌薬)には内服薬と塗り薬があります。内服薬にはミノマイシン、ルリッド錠などがあり、塗り薬にはゲンタシン軟膏、テラマイシン軟膏、ダラシンTゲル、ゼビアックスローションなどがあります。

関連リンク:ニキビに効く薬 抗生物質(抗菌薬)

ニキビに効く薬 その他
ニキビ専用の薬ではなくとも、それぞれが持つ作用によってニキビに効果的に働く薬があります。例えば、ヘパリン類似物質を含むヒルドイドなどは、保湿作用が高く、血行を促進させる働きもあるので、皮膚のバリア機能を高め、ターンオーバーを促進することができます。

白色ワセリンも、皮膚の乾燥と過角化を防ぐために使用されます。白ニキビや黒ニキビに適用され、それ以上悪化しないようにすることを目的として使用されます。白色ワセリンは、皮膚から水分が蒸発するのを強力に防ぎます。

ステロイドを含む薬は多くの病院で処方されており、保険適用範囲内です。ステロイドには強い抗炎症作用がありますが、副作用が懸念される成分なので、強い炎症を鎮めるために一時的に使用されるのが一般的です。ステロイドには、ニキビの赤みや腫れなどの炎症を短期間で鎮めることができるというメリットがあります。

関連リンク:ニキビに効く薬 その他

ニキビに効く薬 漢方薬
漢方薬は、直接ニキビに作用して治す目的ではなく、体質を改善することによって、ニキビが治りやすく、そしてできにくい状態を作る目的で使用されます。ニキビに効果的な漢方薬として、清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)、十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)、桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)などがあります。漢方薬は、著しく体力が衰えている方などが服用すると症状が悪化することがあるので注意が必要です。詳しくは関連リンクをご覧ください。

関連リンク:ニキビに効く薬 漢方薬

ニキビに効く薬 市販薬・衛生用品
ニキビをどうしても病院に行かずに治したいという場合は、ニキビに効く市販薬を利用することもできます。ニキビの市販薬には、ビフナイト、ペア、オロナイン、テラコートリルなどがあります。副作用が現れることもありますので、使用上の注意をよく守ってご使用ください。

ニキビ専用の薬ではありませんが、キズパワーパッドのような絆創膏を使って治す方法もあります。しかし、キズパワーパッドの説明書には「ニキビに使用できない」と明記されており、アクネ菌が増殖してニキビの悪化を招く恐れもあるので、自己責任で慎重に行いましょう。

関連リンク:ニキビに効く薬 市販薬・衛生用品

 ページの先頭に戻る