ニキビの特徴

ニキビの種類は、進行段階に応じて複数に分類されています。適切に処置するためにも、それぞれの特徴を確認しておきましょう。それぞれの症状や特徴、進行の程度などについて解説します。

ニキビの種類と段階

ニキビは、全部で5種類あり、症状からニキビがどの程度進行しているのかを知ることができます。それぞれのニキビの特徴を確認しておきましょう。

白ニキビ

剥がれかかった角質に皮脂や汚れなどが混ざることで、毛穴を塞ぐ角栓が作られます。また、皮膚のターンオーバーが遅れて過角化が起こることで、皮脂が毛穴に閉じ込められてしまいます。このような原因により、白く見えるニキビができます。通称、白ニキビ、医学的には閉鎖面皰(へいさめんほう)といいます。

ニキビの初期段階といえるもので、炎症や痛みを伴いません。

黒ニキビ

毛穴が塞がれた状態で、毛穴の内部に皮脂が限界まで蓄積されると毛穴が開きます。そして、皮脂が皮膚の表面に現れ、それが酸化して黒くなります。これが黒ニキビの正体です。医学的には、開放面皰(かいほうめんぽう)といいます。白ニキビと同じく炎症が起きておらず、痛みもほとんどありません。

赤ニキビ

皮脂が毛穴の中で限界まで蓄積した状態で、毛穴の中で皮脂を餌にしてアクネ菌が増殖すると、炎症を起こします。赤みを伴う腫れが起こり、押すと痛みを感じます。これを通称、赤ニキビといい、医学的には丘疹(きゅうしん)と呼びます。

黄ニキビ

赤ニキビの状態でアクネ菌が更に増殖したり、黄色ブドウ球菌が感染したりすると、膿を持つようになります。これを黄ニキビといい、医学的には膿疱(のうほう)と呼びます。黄ニキビの状態では炎症が皮膚の奥深くにある真皮にまで達しているので、クレーター状のニキビ跡や色素沈着などが残る恐れがあります。

紫ニキビ

黄ニキビがさらに化膿して、それをくり返すことで、毛穴の内部だけではなく毛穴の周りにまで炎症が広がります。その結果、膿や血が溜まることによる赤紫の硬い腫れが現れます。これを紫ニキビといい、結節性ニキビや嚢腫(のうしゅ)とも呼ばれます。紫ニキビは痛みを伴わないのが特徴です。ニキビ跡は黄ニキビよりも酷く、ケロイド状になる可能性が高いです。

症状

ニキビは、どのような症状を伴うのかみていきましょう。

一般的に、ニキビの芯と呼ばれているものの正体は、角栓や毛穴に蓄積した皮脂です。ニキビを潰すと、白いゴマ粒、あるいは棒状の塊で排出されます。皮脂が細菌の餌として分解されると、不快な臭いが出るため、臭く感じることがあります。基本的に無理に排出させることは避けるべきですが、白ニキビと黒ニキビの段階であれば問題ないとされています。

赤み、痛み、膿

赤ニキビ以上に進行すると、段階に応じて赤みや痛み、膿などが生じます。炎症は、アクネ菌を排除するための免疫反応であり、アクネ菌と戦った白血球が死骸になったものが膿です。炎症は、組織が修復される過程で起こるものであるため、心配はいりません。

腫れ

炎症が起きていると、腫れをともなうことがあります。炎症が治まるにつれて、腫れもひくことが一般的です。なお、細かい腫れが複数個できると、ざらざらやブツブツとした感触になってしまいます。

痒み

赤ニキビへと悪化する寸前に痒くなることがあります。また、ニキビが乾燥や雑菌、化粧品などによる刺激を受けた場合にも、痒くなることがあります。

かさぶた

ニキビを潰すと出血するため、その後にかさぶたになる場合があります。かさぶたは、出血を止めるだけではなく、細菌の侵入を防いだり、傷口を保護したりする働きがあるので、無理に剥がしてはいけません。無理にかさぶたを剥がすと、ニキビが治りにくくなったり、ニキビ跡が残ったりする恐れがあります。

 ページの先頭に戻る