ニキビに効く薬 抗生物質(抗菌薬)

抗生物質や抗菌薬は、アクネ菌の殺菌や増殖の抑制などによってニキビの炎症を抑える作用があります。そのため、炎症を起こす前の白ニキビと黒ニキビに使用してもニキビは改善しません。赤ニキビや黄ニキビ、紫ニキビに使用されます。なお、いずれの抗生物質(抗菌薬)も保険適用です。

また、内服薬と塗り薬があり、それぞれ以下の特徴を持ちます。

内服薬
短期間で効果が現れやすいが、腹痛や下痢、食欲不振などの副作用が現れることがあります。
塗り薬
副作用は少なく、現れたとしても赤みや痒み程度のものです。
いずれにしても、皮膚の他の常在菌までも殺菌してしまうため、肌の調子が悪くなったり、耐性菌が発生したりする場合があるため、長期的な服用はできません。また、ニキビの原因である皮脂の過剰分泌や過角化などを改善できなければ、何度でもニキビが再発します。そのため、抗生物質だけでニキビを治すことはできません。
具体的に、どのような抗生物質(抗菌薬)があるのかみていきましょう。

ミノマイシン

ミノマイシンは、ミノサイクリン塩酸塩を主成分とするテトラサイクリン系の抗生物質内服薬です。細菌が増殖するために必要なタンパク質を合成する働きを阻害して、細菌の増殖と成長を阻止します。その結果、細菌の数が次第に減少してニキビが改善します。

乳製品と一緒に飲むと、十分に吸収されなくなるので注意が必要です。

ルリッド錠

ルリッド錠は、ロキシスロマイシンを主成分とするマクロライド系の抗生物質内服薬です。ミノマイシンと同じように細菌の増殖に必要なタンパク質の合成を阻害します。胃の不快感や下痢、発疹、食欲不振などの副作用がありますが、比較的症状が現れにくいといわれています。

ゲンタシン軟膏

ゲンタシン軟膏は、ゲンタマイシン硫酸塩を主成分とするアミノグリコシド系の抗生物質の塗り薬です。ミノマイシン、ルリッド錠と同じようにタンパク質の合成を阻害して細菌の成長と増殖を防ぎます。皮膚感染症の治療薬として幅広く使用されていますが、ニキビの治療に使用される機会が少なくなってきています。

テラマイシン軟膏

テラマイシン軟膏は、ポリミキシンB硫酸塩とオキシテトラサイクリン塩酸塩を主成分とする抗生物質の塗り薬で、市販もされているため入手しやすいことが特徴です。ポリミキシンB硫酸塩は、細菌の成長に必要なタンパク質の合成を阻害し、オキシテトラサイクリン塩酸塩はアクネ菌が増殖しにくいい環境を作ります。

ダラシンTゲル

ダラシンTゲルは、クリンダマイシンリン酸エステルを主成分とするリンコマイシン系の抗生物質の塗り薬です。細菌の増殖に必要なタンパク質の合成を阻害します。乾燥やヒリヒリ感などが副作用ですが、頻度は低いとされています。

ゼビアックスローション

ゼビアックスローションは、オゼノキサシンを主成分とするキノロン系の抗菌薬の塗り薬です。抗生物質が微生物によって作られる化学物質であるのに対し、抗菌薬はその化学物質に人工合成した化学物質がプラスされたものです。単独での使用だと、ニキビの改善に数か月かかるため、他の薬と併用することが望ましいです。

 ページの先頭に戻る