ニキビに効く薬 漢方薬

ニキビの治療には、漢方薬が使用されることがあります。エキス製剤と一部の生薬を除く煎じ薬は保険適用です。アクネ菌を殺菌したり皮脂の分泌を抑えたりするのではなく、体質を変えてニキビができにくく、治りやすくすることを目的としています。ここでは、ニキビに効く漢方薬について解説します。

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

漢方における「清上」は、横隔膜よりも上の部分に蓄積した熱を発散させるとともに、炎症を発散させる効果を指します。顔や頭の赤ニキビや黄ニキビなどは炎症を伴うニキビであるため、清上防風湯の服用が適しています。また、アクネ菌が繁殖しにくく、生息しにくい環境を作る抗菌作用もあります。なお、著しく胃腸が弱かったり、嘔吐や食欲不振などの症状があったりする人には向きません。

このような人が清上防風湯を服用すると、症状が悪化する恐れがあります。

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

炎症を鎮めるとともに、化膿を抑える作用があります。また、化膿しやすい体質を改善することで、黄ニキビへと進行しにくくする効果も期待できます。ニキビに限らず、蕁麻疹やアトピーなど化膿性疾患全般に使用されます。

なお、著しく体力が衰えている人が服用すると、皮膚疾患の悪化を招く恐れがあるので、慎重な使用が望まれます。

桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)

強い炎症を伴うニキビの改善に適しています。体内の余分な水分を排出するとともに、血行を促進させることで身体を温める作用があります。女性ホルモンのバランスの乱れによって起こる皮脂の過剰分泌を原因とするニキビの改善に役立ちます。

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

熱や炎症を鎮めるとともに、アクネ菌を殺菌してニキビを改善します。殺菌作用があるため、ニキビの他にアトピーや蓄膿症、扁桃炎などにも適しています。胃腸が著しく弱い、嘔吐や食欲不振などの症状がある人が使用すると症状が悪化する可能性があるので、慎重に使用する必要があります。

 ページの先頭に戻る