ニキビに効く薬 市販薬・衛生用品

病院に行かずにニキビを治したい場合には、ニキビに効く市販薬を購入しましょう。ここでは、薬局などで入手できるニキビ用の薬や、ニキビ専用ではないがニキビにも有効とされる作用を持つ薬を紹介します。

ビフナイト

ビフナイトには、第3種医薬品と医薬部外品があり、それぞれ成分が異なります。また、クリームタイプやスティックタイプ、パッチタイプなどがあり、ニキビの場所や好みに合わせて選ぶことができます。いくつかのシリーズがありますが、ここでは第3種医薬品の「ビフナイトn」について解説します。

ビフナイトnは、毛穴を開かせて毛穴詰まりを解消するイオウ、炎症を抑えるグリチルリチン酸、アクネ菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールを含むクリームタイプの塗り薬です。

発疹や赤み、痒みなどの副作用があります。また、イオウには肌を乾燥させる働きがあるため、乾燥肌の人には向きません。

ペア

第2種医薬品と第3種医薬品のものがあり、含まれている成分が異なります。リキッドタイプとクリームタイプの塗り薬、ドリンクタイプと錠剤の飲み薬があります。ここでは、第2主医薬品の「ペアアクネクリームW」について解説します。

ペアアクネクリームWは、炎症を鎮めるイブプロフェンピコノール、アクネ菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールを含むクリームタイプの塗り薬です。炎症を起こしている赤ニキビだけではなく、炎症が起こる前の白ニキビにも適用できます。思春期ニキビよりも大人ニキビに高い効果が期待できます。

赤みや発疹、かゆみ、腫れ、乾燥などの副作用が現れることがあるので、肌の状態を見つつ使用することが大切です。

オロナイン

通称オロナインは、正式名称をオロナインH軟膏といいます。抗菌作用を持つクロルヘキシジングルコン酸塩液を含み、アクネ菌を殺菌してニキビを改善します。また、軟膏タイプのオロナインには、保湿成分が配合されているため、乾燥による肌荒れが原因で起こる白ニキビに適用できます。また、炎症を起こしている赤ニキビにも適用できます。

ニキビの他に、切り傷や擦り傷、水虫やあかぎれなど様々な症状に適用できるため、常備しておくと何かと便利です。

赤みやかゆみ、発疹、腫れ、乾燥などの副作用が現れることがあるので、様子を見ながら使用しましょう。

テラコートリル

抗炎症作用を持つヒドロコルチゾンという副腎皮質ステロイドと、抗菌作用を持つオキシテトラサイクリンという抗生物質を含みます。これらの作用により、ニキビの改善にも役立つとされています。また、中でも炎症が起きている赤ニキビに効果があります。

副腎皮質ステロイドと抗生物質は、どちらも長期的な使用が望ましくないものであるため、中々ニキビが改善しない場合は病院を受診することが大切です。

赤みやかゆみ、発疹、水虫などの副作用が現れることがあり、免疫力の低下によって逆にニキビができることもあります。

キズパワーパッド

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社から販売されているバンドエイドで、体液が持つ治癒力を利用して傷を治すことを目的としています。そのため、潰してしまったニキビに適しています。傷の修復に不要な水分を適度に吸収し、最適な湿潤環境を作ることで、ニキビの傷の早期修復に繋がると考えられています。

ただし、説明書には、「ニキビに使用できない」と明記されており、アクネ菌が増殖してニキビの悪化を招く恐れがあるので、自己責任で使用しましょう。少しでもニキビの悪化がみられた場合は、すぐに使用を中止してください。

 ページの先頭に戻る