ニキビのためのスキンケア

ニキビを防ぐために、適切に化粧品を選び、正しくメイクすることが大切です。また、クレンジングや洗顔などについても確認しておきましょう。ここでは、皮膚の状態を整える基礎化粧品や正しいスキンケア、メイクについて解説します。

化粧(ベースメイク)

ニキビができているときは、できるだけメイクを控えましょう。しかし、仕事や人と会う用事などにより、どうしても化粧が必要なときもあるでしょう。そのような場合は、化粧品の選び方とメイクの方法が重要となります。化粧品そのものがニキビに悪影響を及ぼす訳ではなく、皮膚に最も密着するベースメイクを正しく行うことが大切です。

まず、油分が多く含まれるウォータープルーフのものは避けてください。油分が多い化粧品は毛穴に詰まりやすいため、ニキビに繋がります。ニキビができにくい成分が含まれるノンコメドジェニックには、ニキビができやすくなる油分が使用されていません。ただし、ニキビを治す効果は無いので注意しましょう。

下地

下地を工夫することで、ニキビを目立ちにくくすることができます。グリーン系の下地を選ぶと、炎症を起こしたニキビの赤みを目立たなくすることができます。UVカット効果があるものを選ぶことで、ニキビの悪化を防ぐこともできるでしょう。

CCクリーム
CCクリームは、ニキビが目立ちにくいトーンに整える役割があり、フェイスパウダーだけで自然な仕上がりになります。また、自然なファンデーション効果があるCCクリームを選べば、化粧の工程を一部カットできて時間の削減になります。
油分が少ないので、ニキビができていても使いやすいことが特徴です。カバー力を高めたい場合はパウダーファンデーションを重ねるとよいでしょう。
BBクリーム
また、下地とファンデーション、コンシーラーの役割を果たすBBクリームもおすすめです。CCクリームよりもカバー力が高く、フェイスパウダーを重ねるだけでベースメイクが完成します。重ね塗りをせずにベースメイクを完成できることがメリットです。

コンシーラー

非常に多くの油分を含むので、基本的にニキビ跡やどうしても隠したい赤みがある部分にだけ使用しましょう。グリーン系や、肌よりもワントーン低いものを選ぶことがポイントです。

ファンデーション

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは油分を多く含むので、パウダーファンデーションを塗りましょう。天然の鉱物から作られるミネラルファンデーションをブラシで塗るのがおすすめです。

フェイスパウダー

油分が非常に少ないため、ニキビができているときのメイクに向いています。ファンデーションを落とすためのダブル洗顔が不要であるため、肌への刺激を考慮して、パウダーファンデーションだけでベースメイクを済ませる人もいます。通常通りにメイクした場合と比べて肌が紫外線の影響を受けやすくなるので、UVカット効果があるものを選んだり、日焼け止めや日傘などによる紫外線対策が必要です。

メイク方法

ベースメイクは、下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーの順に塗っていきます。重ね塗りをすると油分が多い化粧品によって毛穴が詰まる恐れがあるので、薄化粧を心がけましょう。また、パフやブラシで肌に刺激を与えないよう、優しくメイクしてください。そして、汚れたブラシやパフでメイクをすると肌トラブルの原因になるので、メイク用品を清潔に保つことが大切です。

ニキビを目立たなくさせたいのであれば、ニキビから目を逸らせるために目元や口元にポイントメイクを施してもよいでしょう。

クレンジング

クレンジング剤は、界面活性剤や油性成分によって化粧品や日焼け止めなど油性の汚れを落とすためのものです。油性成分の配合量が多すぎると、必要な皮脂まで落としてしまうため、乾燥を招いたり油性成分が肌に残って毛穴を詰まらせたりしてしまいます。

また、界面活性剤は油性成分とメイクなどの油性の汚れ、水を馴染ませる役割があります。界面活性剤の中でも化学的な処理によって作られる合成界面活性剤は皮膚に残りやすいため注意が必要です。また、配合量が多すぎると強い洗浄力によって皮膚に刺激を与え、皮膚のバリア機能の低下を招きます。

天然の界面活性剤は皮膚に比較的優しいとされますが、洗浄力が弱いため、メイクをしっかりと落とせない場合があります。

クレンジング剤には、オイルやリキッド、ジェル、ミルク、クリーム、拭き取りシートなどがあり、それぞれ成分の含有量や割合が異なります。使いやすさだけではなく、どれだけ油性成分と界面活性剤が含まれているのかに注目しましょう。

皮膚に刺激を与えにくいものを選んでも、十分にメイクを落とせなければ結果的にニキビが出来てしまう可能性があります。メイクの濃さに合わせて、適切なクレンジング剤を選びましょう。なお、メイクをしていなくても洗顔前にクレンジングをすることが推奨されることがありますが、ニキビができている場合においては、ニキビに刺激が加わることを考慮して避けた方がよいでしょう。

オイル

約80%が油性成分であるため、強い洗浄力を持ちます。必要な皮脂まで落としてしまい、強く乾燥する恐れがあります。また、しっかりと洗い流さなければ、毛穴に詰まってしまうこともあります。油性成分が洗顔で落とせるように、多量の界面活性剤が配合されているので、濃いメイクでも落としやすいですが、それだけ肌への刺激が強いです。

ただし、アルガンオイルやオリーブオイル、ココナッツオイルなど天然成分で作られたクレンジングオイルであれば、皮膚への負担が少なく、水で洗い流しやすくなっています。

リキッド

油性成分が全く含まれていない代わりに、界面活性剤が多量に含まれているため、強い洗浄力があります。そのため、メイクをしっかり落とすことができますが、皮膚への刺激が強いです。

ジェル

オイルジェル(乳化ジェル)や水性ジェル(透明ジェル)などがあり、油性成分と界面活性剤がバランスよく配合されています。そのため、ニキビがあるときのクレンジングに適しているといわれています。水性ジェルは油性成分が含まれていない代わりに界面活性剤が多めに配合されていますが、リキッドタイプのクレンジング剤ほどではありません。そのため、メイクは少し落ちにくいので、ナチュラルメイクをしている人におすすめです。

クリーム

油性成分と界面活性剤がバランスよく配合されているため、ニキビには最適といわれています。

ミルク

油性成分も界面活性剤も配合量が少ないため、メイクは落としにくいです。そのため、ナチュラルメイクをしている人に向いています。

拭き取りシート

油性成分を含まないものが多く、そういったものは界面活性剤が多めに含まれています。直接、皮膚を摩擦してメイクを落とすことになるので、皮膚への刺激を考慮してニキビがある場合は使わない方がよいでしょう。

クレンジング方法

クレンジングは、次のように行いましょう。

  1. 適量のクレンジング剤を手にとりましょう。クレンジング剤の種類によって適量がどの程度の量か異なります。
  2. 最初に皮脂が多いTゾーン(額~鼻にかけて)に馴染ませてください。クレンジング剤を馴染ませるときは、指の腹を使いましょう。
  3. 続いて、Uゾーン(顎~頬にかけて)に馴染ませましょう。
  4. 皮膚が薄くて敏感な目元と口元を優しくマッサージするイメージでクレンジング剤を馴染ませてください。
  5. ぬるま湯でしっかりと丁寧にすすぎましょう。熱い湯だと肌が乾燥し、冷たい水だと皮脂が落ちにくくなります。

クレンジング剤は皮膚に刺激を与えるので、できるだけ短時間でクレンジングすることが大切です。

洗顔

洗顔料は、メイク以外の汚れや汗、皮脂、古い角質、雑菌などを洗い流すのに適しています。石けんの洗浄成分は、石けん素地や界面活性剤です。石けん素地とは、動物性および植物性の油脂に含まれる脂肪酸と、カリウムや水酸化ナトリウムなどのアルカリを反応させて作ったもので、正しくは脂肪酸ナトリウム・カリウムといいます。水で容易に分解できるため、洗浄成分が皮膚に残りにくいという特徴があります。

界面活性剤は、水と油分を混ざりやすくするためのもので、天然のものと化学合成されたものがあります。化学合成された合成界面活性剤は、水やお湯で分解できないため、皮膚に成分が残って肌トラブルを招くことがあります。

クレンジング剤と洗顔料では、落とすことができるものが異なるので、必ずクレンジングと洗顔の両方を行うことが大切です。クレンジング後に洗顔をすることをダブル洗顔といいます。ダブル洗顔は、余分な皮脂をしっかりと落とすことができますが、方法を間違えたり自分に合っていない洗顔料やクレンジング剤を使ったりすることで、皮膚に悪影響が及ぶことがあります。具体的には、皮脂を落としすぎたり、皮膚を摩擦したりする可能性があります。

皮脂を落としすぎることによる乾燥などの症状が気になるのであれば、洗顔だけで落とせるようパウダーだけにしたり、メイクをしないようにしましょう。もしくは、クレンジングと洗顔を同時に行えるものを使うとよいでしょう。そうすることで、ニキビへの悪影響を防ぐことができます。

なお、洗顔料には、石けんや洗顔フォームなどがあり、それぞれ洗浄成分が異なるので、自分に合ったものを選ぶことを心がけましょう。ニキビがある場合、スクラブ入りの洗顔料は使用しないよう注意が必要です。

石けん

ニキビができているときにおすすめなのが、石けんを使った洗顔です。石けんには、固形タイプやクリームタイプ、パウダータイプなどがあります。石けん素地が98%以上を占めているものを純石けんといい、石けん成分(グリセリン、水、石けん素地)だけでできているものが該当します。石けん成分以外の成分が入っているものは化粧石けんといいます。合成界面活性剤が含まれているものもあるので、購入前に含有成分を確認しましょう。

ニキビには、純石けんが適しているといわれていますが、化粧石けんでもニキビに対して有効なものがあります。できるだけシンプルな成分構成のものを選びましょう。なお、台所用とされていても、純石鹸であれば顔や身体を洗うのに使うことができます。

また、石けん素地100%のものもありますが、これは肌によい訳ではありません。洗浄成分だけで作られているため、洗浄力が強すぎて顔に使うと乾燥しやすくなる場合があります。ニキビの状態によっては悪化を招く恐れがあるので、安易に使わない方がよいでしょう。なお、石けん素地100%のものを無添加石けんと呼ぶことがありますが、無添加の基準はメーカーで異なるので、予め問い合わせる必要があります。

洗顔フォーム

洗顔フォームは泡立ちがよいため、よく泡立てずに使ってしまい、肌に刺激を与えてしまう心配が少ないです。ポンプから泡で出てくるものや、チューブに入っているものがあります。さっぱりとした仕上がりで、洗顔後に肌が突っ張りにくいというメリットがありますが、合成界面活性剤が含まれているものが多いので、ニキビがある場合は使用しない方がよいでしょう。

洗顔方法

洗顔は、次のように行いましょう。

  1. しっかりと手を洗いましょう。汚い手で洗顔をすると、汚れによって肌が刺激を受ける恐れがあります。
  2. 素洗いをして、ほこりやメイク以外の汚れを落としましょう。
  3. 洗顔料をしっかりと泡立てます。泡立てずに使うと、手の摩擦によって肌が刺激を受けてしまいます。
  4. 皮脂が多いTゾーンに泡を乗せます。擦らずに、乗せるだけでにしておきましょう。
  5. 続いてUゾーンに泡を乗せます。
  6. 最後に、ぬるま湯でしっかりと洗浄成分を洗い流しましょう。
  7. 清潔なタオルで水分をふき取ります。このとき、優しく押し当てるようにすることがポイントです。

できるだけ洗浄成分が肌に触れている時間を短くするために、手早く行いましょう。また、洗顔を何度もしてしまうとかえってニキビを悪化させてしまうので、朝と晩の1日2回以上の洗顔は避けてください。

基礎化粧品

洗顔後は、基礎化粧品で保湿ケアをすることが大切です。塗る順番は、化粧水、美容液、乳液、クリームです。フェイスパックは、化粧水を塗る前か後に行いましょう。保湿ケアを怠ると肌が乾燥します。乾燥すると皮脂の過剰分泌が起こり、毛穴が詰まってしまいます。肌のターンオーバーが遅れることにも繋がるので、洗顔後は必ず保湿ケアをしましょう。

基礎化粧品に含まれている保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドやグリセリンなどがあります。なお、オイリー肌であっても保湿は必要です。これは、乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌され、オイリー肌となっている可能性があるからです。この状態は、皮膚の表面はべたべたとしていますが、内部は乾燥していることが多いです。

ニキビができている場合は、皮脂の分泌や炎症を抑えるニキビ専用の基礎化粧品を使用するとよいでしょう。逆に、合成界面活性剤やアルコール、油分やパラベンなどが含まれているものはニキビに悪影響を及ぼすので避けてください。

化粧水

皮膚に水分を供給して肌のキメを整える基礎化粧品です。最初に化粧水を塗ることで、美容液や乳液が浸透しやすくなります。化粧水が染み込んでいるシートがありますが、摩擦によってニキビが刺激を受けるので避けた方がよいでしょう。

美容液

美白やエイジングケア、保湿などに役立つ成分が高濃度で配合されています。保湿を重視した美容液を選びましょう。化粧水によって与えられた潤いを逃がさないように蓋をする役割を果たします。

乳液

適度な油分が含まれており、皮膚に膜を張って化粧水や美容液で与えた水分の蒸発を防ぎます。少しベタベタするので、気になる場合は薄く塗りましょう。

クリーム

乳液と同じような役割を果たすのですが、乳液よりも多くの油分が含まれています。そのため、特に乾燥しやすい部分にだけ塗るのがおすすめです。クリームよりもベタベタするので、汗をかく夏は乳液、乾燥しやすい冬はクリームを塗るなど使い分けてもよいでしょう。

フェイスパック フェイスマスク

ニキビがある場合は、泥や土から作ったクレイパックを使うとよいでしょう。泥が毛穴の中の皮脂を吸着して取り除きます。ただし、必要な皮脂まで吸着してしまうため、乾燥することがあります。週に1回程度の使用に留めておくことをおすすめします。

なお、シートタイプのフェイスマスクは、ニキビがある肌に適していません。これは、シートが乾くと皮膚の水分が過剰に奪われたり、成分が肌に刺激を与えたりすることがあるからです。また、シートを剥がすときにも刺激になります。

紫外線対策

紫外線を長時間に渡って浴び続けると、活性酸素が発生して炎症を引き起こします。さらに、紫外線から肌を守ろうとして角質が厚くなり、ニキビに繋がる過角化を引き起こします。このような理由から、日ごろから日焼け止めや日傘、UVカット効果がある化粧品などを使用することが大切だといえます。

ただし、日焼け止めを使用する際には、SPFやPAが高すぎるものに注意が必要です。SPFは数値、PAは「+」の数で表記されています。

SPF
SPFは、皮膚の表面にダメージを与えるものの、肌の内部にまでは届かない紫外線「UVB」に対応しています。
PA
PAは皮膚の表面へのダメージは弱いものの、肌の奥深くにまで届く紫外線「UVA」に対応しています。

「UVB」、「UVA」は紫外線の波長による分類です。

SPFが高すぎるものには紫外線吸収剤が含まれていることが多いです。紫外線吸収剤は、皮膚の表面で紫外線を吸収して、エネルギーとして放出するもので、皮膚に強い刺激を与えます。そのため、高くてもSPF20程度、PA++程度のものを選ぶことが大切です。SPFが低いものは効果の持続時間が短いので、こまめに塗り直しましょう。

また、日焼け止めの成分が残らないよう、就寝前にしっかりと洗い流しましょう。オイル入りやウォータープルーフのものは落ちにくいので、成分が肌に残りやすいです。できるだけこれらが含まれていないものを選びましょう。

皮膚を清潔に保つ

ニキビができにくい状態を作りつつ、できてしまったニキビを早く治すには、皮膚を清潔に保つことが大前提となります。何気ない行動が皮膚を汚したりニキビを刺激したりしてしまいます。髪の毛がニキビに当たらないようにする、ニキビを触らないよう注意する、肌に密着させるスマホの画面を綺麗にする、枕や布団、マスクなど肌に触れるものはこまめに取り換えるといった対策が必要です。

 ページの先頭に戻る