ニキビの場所で分かる原因とケア方法

ニキビは、皮膚があるところであればどこにでも発生します。できた部位によってニキビの原因やケア方法が異なります。間違ったケアはニキビの悪化を招く恐れがあるので、あらか
じめ確認しておきましょう。ここでは、ニキビの場所で分かる原因とケア方法をご紹介します。

なぜニキビはいろんな場所にできる?

ニキビは、毛穴に皮脂や古い角質が混ざったものが詰まることで発生します。そこに炎症が起こると赤ニキビに、詰まった角質が空気に触れて酸化すると黒ニキビになるのです。つまり、毛穴がある場所であれば、どこにでもニキビができます。また、部位によっては慢性的に刺激が加わり続けて、ニキビができることがあります。

外的刺激を受けやすいかどうか、皮脂腺が多いかどうかなどでもニキビのできやすさが異なります。

おでこ(額)

おでこはTゾーンとも呼ばれ、顔の中でも皮脂の分泌が多い部位です。生え際に髪が触れたりシャンプーや整髪剤を洗い残したりといった要因で刺激を受けやすいため、ニキビができやすいのです。ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌の影響も受けやすいとされています。

顔の中で毛穴が最も多いため毛穴詰まりが起こりやすいうえに、皮脂が大量に分泌される部位です。多くの場合、赤ニキビへと悪化してしまいます。それが原因で毛穴が広がったり陥没したりして、いちご鼻になるケースもあります。

顎には、汗を分泌する汗腺がほとんどありません。しかし、皮脂腺が多いので、毛穴が詰まりやすいのです。一度、ニキビが治っても再発するケースが多く、治りにくいという特徴があります。原因は外的要因よりもホルモンバランスの乱れなど内的要因がほとんどです。また、男性の場合は毎日のようにカミソリでヒゲを剃ることにより、ニキビができやすくなります。

ホルモンバランスの乱れやストレス、内臓機能の低下などが主な原因です。脂質や糖質の摂り過ぎによって胃に負担がかかり、ニキビができることがあるといわれています。また、アルコールの過剰摂取によって肝臓の機能が低下することもニキビのリスクを高めるのです。

頬に直接触れる枕やシーツなどに生息している雑菌が原因となるケースもあります。赤ニキビになると非常に目立つので、早めに対処することが大切です。頬はおでこなどと比べて皮脂の分泌が少ないので、保湿ケアで肌をしっかりと保護するようにしましょう。

フェイスライン

Uゾーンと呼ばれる場所で、睡眠不足やストレスなどによるホルモンバランスの乱れが主な原因です。乾燥しやすいので、入念にケアしましょう。乾燥すると肌のバリア機能が低下するため、外的刺激を受けてニキビができやすくなります。

フェイスラインにできるニキビと同じくアクネ菌によってニキビができます。水分量が多いため、肌の調子がよいときはニキビができにくいのですが、簡単に乾燥してしまいます。汗をかいたり強く冷えたりすることの他に、衣類による摩擦が原因になることもあります。

デコルテ・胸

ホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンが優位になると、皮脂の過剰分泌によってニキビができやすくなります。また、下着が不衛生になることで、悪化しやすくなります。また、身体のニキビは顔のニキビとは違い、マラセチア菌というカビの一種が原因であるため、アクネ菌に対して有効な薬は効果がありません。

マラセチア菌によるニキビは、正式にはマラセチア毛包炎と呼ばれます。

背中

背中は皮脂の分泌が活発であるため、ホルモンバランスの乱れなどで皮脂の分泌が増加すると、すぐにニキビができてしまいます。そして、毛穴に詰まった皮脂をエサにマラセチア菌が増殖して赤ニキビへと悪化します。背中は、目に入らない部位であるため、かなり悪化してから痛みによって気づくことも多いのです。普段から、入浴時に鏡でチェックしておくことをおすすめします。

また、洗髪のときのシャンプーが背中に流れてきたり、背中が見えないために洗い残したりすることも原因の一つです。洗髪をしてから背中を洗うようにしましょう。

お尻

お尻は、椅子などに座っているときに体重を支えているので、肌に強い刺激が加わります。そのため、皮膚が硬くなる角質化を起こしやすく、それによって毛穴が塞がれてアクネ菌が繁殖しやすくなるのです。毛穴を詰まらせる古い角質も発生しやすいので、ニキビができやすいとされています。

また、清潔な状態に保ちづらいこともニキビができやすくなる理由の一つです。1日中、座りっぱなしのデスクワーカーや受験生など、ライフスタイルの影響を受けるので特に注意が必要です。また、座る時間が長いことで血行が悪くなったり、蒸れたりすることによってニキビができることもあります。

 ページの先頭に戻る