妊娠中のニキビについて

妊娠すると、身体にさまざまな変化が起こります。その一つが、「ニキビができやすくなる」ということです。特に、妊娠初期にニキビができやすくなるといわれています。ここでは、なぜ妊娠を機会にニキビができやすくなるのか、その理由や治療法、治療薬などについて解説します。

妊娠中にニキビができやすくなる原因

妊娠中にニキビができやすくなる理由の中で、最も大きいものがホルモンバランスの変化です。他には、つわりによる栄養の偏りやストレスなどがあります。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると、その状態を維持するために女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが多量に分泌されます。プロゲステロンには、赤ちゃんが成長しやすい環境を作る働きがあるのですが、同時に皮脂の分泌を増加させてしまうのです。それにより、皮脂が毛穴に詰まってニキビができやすくなります。プロゲステロンは妊娠初期に活発に分泌されているため、妊娠初期にニキビができやすいのです。

つわりによる食生活の乱れ

妊娠中は、つわりによって満足に食事を摂れなくなります。特定のものしか受け付けなくなったり、日によって食べられるものや量が変わったりするため、栄養が偏りがちになるのです。脂質や糖質が多い食べ物ばかり摂ることで皮脂の分泌が増加して、ニキビができやすくなります。

便秘

プロゲステロンには、大腸のぜん動運動を抑える働きがあるため、便秘がちになります。また、赤ちゃんが成長して腸を圧迫するようになることも便秘の原因の一つです。さらに、腹筋の衰えや運動不足も便秘のリスクを高めます。便秘の状態では、善玉菌よりも悪玉菌が優勢になります。善玉菌は、さまざまなビタミンを作る役割を果たしているため、善玉菌が少なくなると体内のビタミンが少なくなり、皮膚のターンオーバーが乱れてニキビができるのです。

睡眠不足

睡眠不足は、肌のターンオーバーを乱す原因の一つです。ターンオーバーが乱れることで古い角質が蓄積し、毛穴を詰まらせやすくなります。妊娠初期はホルモンバランスの関係やつわりなどによって睡眠不足に陥りやすい時期です。また、出産時期が近付くと、精神的に落ち着きにくくなったり、赤ちゃんが動くことで目覚めたりして睡眠不足になります。

妊娠中のニキビの治療法

妊娠中は、さまざまな薬の使用が制限されているため、ニキビに対して薬を使用できない場合があります。症状が軽いのであれば、生活習慣の改善やスキンケアの見直しによって治る可能性があります。そもそも、ニキビができないように、スキンケアや生活習慣をあらかじめ改善しておくことをおすすめします。

妊娠中のスキンケア

妊娠中は、ホルモンバランスの変化によって肌のバリア機能が低下しています。そのため、普段から使っている化粧品が肌に合わなくなることがあるのです。少しでも異変が起きたら、できるだけ肌への刺激が弱い化粧品に変えることをおすすめします。また、妊娠中はシミの原因となるメラニン色素が作られやすいので、紫外線対策と保湿を徹底しましょう。

食生活の改善

つわりによって、なかなか食生活を改善することは難しいかもしれません。しかし、必要な栄養素をしっかり摂ることを心がけておくだけでも、ニキビができにくくなるでしょう。脂質の摂取を控えて、肌の調子を整えるタンパク質やビタミン、ミネラルを意識的に摂ってください。

特に、ビタミンCとビタミンE、葉酸をしっかり摂ることをおすすめします。ビタミンCは、メラニン色素を抑えるとともに、肌の弾力を保つコラーゲンの生産を促す働きがあります。ビタミンCを多く含む生野菜や果物を摂りましょう。

ビタミンEには、ホルモンバランスを整えて血流を促す働きがあります。ナッツ類や豚レバーなどに多く含まれています。そして、胎児の成長のことを考えて葉酸を摂りましょう。葉酸には、細胞分裂を促すことで胎児の正常な発育をもたらす働きがあります。また、葉酸は肌のターンオーバーに必要な栄養の一つなので、不足するとニキビができやすくなるのです。

つわりで、どうしても食べることができないのであれば、サプリメントを利用してもよいでしょう。ただし、過剰摂取にならないよう注意してください。

妊娠中でも使える治療薬

妊娠中に使える治療薬は限られています。胎盤を通して胎児に成分が移行するかどうか、胎児に影響が出るかどうかなど薬によって異なります。塗り薬は胎児への影響がほとんどないといわれていますが、全く影響がないとは断言できません。そのため、塗り薬であっても慎重に選ぶ必要があります。また、妊娠中の薬の使用については不明な点も多いので、医師や薬剤師からアドバイスを受けることをおすすめします。

・イオウカンフルローション
・アゼライン酸
メンソレータムアクネス

 ページの先頭に戻る